鏡ケ成でスノーシュー

 12月28~29日 奥大山の鏡ケ成で今年はじめての雪遊びを楽しむ。28日に中国道を走ったが兵庫県佐用あたりから激しい雪に見舞われて真っ白な雪道を走行することとなった。この先米子道がどうなることかと心配していたが事前に融雪剤が散布されていて予定より30分程度の遅れで鏡ケ成の奥大山休暇村に到着する。

                    鏡ケ成の奥大山休暇村の全景 (クリック 拡大)
画像


 孫が中学生になり部活動に忙しく今年はじめての家族旅行となる。孫はスキー、私はスノートレッキングで行く年を楽しむ予定だが霙混じりの横風が強く、寒くて・・・・・・ 駐車場で身支度している時に新品のオーバーグローブを一度も使うことなく強風で飛ばされて紛失してしまいショックをうける。12月に確実にスキーができる場所をということで鏡ケ成にしたのだが・・・・・

                    28日は天候が悪く、早々に休暇村にチェックインする
画像


 29日は、10時過ぎには立ちこめていたガスも消えて青空が広がり鏡ケ成のシンボルの烏ケ山がその鋭角な山容を見せる。

                              霧が晴れた烏ケ山
画像


 せっかくの青空のご褒美をもらったので日本のマッターホルンと呼ばれる烏ヶ山が一望できる場所を求めてスキー場のレストハウスから擬宝珠山(標高1110m)の途中まで登って行って烏ケ山と鏡ケ成を存分に楽しむ。

                          青空に吸い込まれるように登る
画像

                              擬宝珠山を登る
画像

                   擬宝珠山の中腹からのパノラマ  (クリック 拡大)
画像
                         

 次に烏ケ山と鏡ケ成を違う方向から眺めたく擬宝珠山からスキー場に一旦戻り休暇村裏手の雪原を横切って象山に向かう。象山の登山道がどこかわからないので適当なところを直登する。

                          確かに象に似た山容をしている
画像

                            適当なところを直登する
画像

                           どれくらいの積雪なのか?
画像


 象山の登りに取り付いたあたりから烏ケ山の上半分が雲がかかって見えなくなってしまった。象山の上の空にもガスがかかってくる。無理して山頂を目指すことなく稜線に出る手前あたりでゆっくりと鏡ケ成のパノラマを楽しむことにする。

                          左手にスキー場と擬宝珠山
画像

                            中央に蒜山の山並み
画像

                           右手の烏ケ山は雲の中
画像

                       象山からのパノラマ (クリック 拡大)
画像

                      下山はスキー場に向かって駆け下ります
画像


 さて下山後にスキー場のレストハウスで少し遅い昼食摂り出ようとしたところ落とし物コーナーにあのオーバーグローブがあった。完全にあきらめていたので嬉しかった。拾ってくださった方、本当にありがとうございました。 孫たちと合流して休暇村の風呂で温まってから帰途につく。ほんの1時間足らずの時間だったが烏ケ山の絶景が心に残るやま旅行だった。

                          印象的だった烏ケ山の絶景
画像
 

      「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html          
     


                  



                    

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック