中世の山城「鶴居城山」へ

 4月16日 兵庫県市川町の鶴居城山を登る。播但道の市川SAから七種槍・七種山とともに目を引く山で以前から一度訪ねてみたいと思っていた。赤松氏と山名氏が争っていた応仁の乱のころの山城で赤松氏側の居城のひとつだったらしい。その山頂からの眺望は、天空の城で有名になった山名氏側の竹田城にも劣らぬものがある。

                          市川SAからの鶴居城山
画像

                        山頂からの眺望 (クリック 拡大)
画像


 鶴居城山は、JR鶴居駅の西側へ出て狭い田んぼ道を通って行くと山裾に墓地があり、そこに広い駐車場がある。目印はないが何か所かに案内板があり登山道南口へ向かう。

                           駐車場付近からの鶴居城山
画像

                        南コースを登り、北コースを下山する
画像


 ここも獣害対策として山の裾一帯に金網が張り巡らされていてその扉を開閉して登山道へ入る。登山道は、本当に良く整備されていて、登山口から山頂まで100mごとに表示があってわかりやすくなっている。ツツジの花を楽しみ、シダの生い茂る山道を高度を上げていけば、木々の間から鶴居の集落を見下ろし、反対側には七種槍と七種山が間近に見えてくるようになる。

                             登山道の入り口
画像

                     100mごとに距離表示板が設置されている
画像

                             ツツジを愛でながら
画像

                            シダの生い茂った中を
画像

                             七種槍を間近に見て
画像

                            山頂まであと100mの地点
画像


 登山口から山頂まで1000m、標高433mの山頂に到着。山頂は平らで広く360度抜群の展望が開けていて、先人がここに山城を築いたことにすぐに納得する。何といっても眼下に広がる鶴居の点在する集落と田園風景、そしてその向こうに開ける市川町の街並みの風景が素晴らしかった。この日の未明に熊本地震の本震といわれる強い地震があり大変ことになっているようだ。山頂でゆっくりと休憩するも地震のことが気になり携帯ラジオをつけたままに・・・・ この近辺も山崎断層が走っていて熊本の直下型地震は本当に他人事ではない。

                            だだっ広い標高433mの山頂
画像

                         山頂から笠形方面 (クリック 拡大)
画像

                        眼下に広がる鶴居の風景 (クリック 拡大)
画像

                        南の福崎方面と七種槍 (クリック 拡大)
画像

                           大パノラマ風景 (クリック 拡大)
画像

          七種槍から七種山にかけての七種山系も素晴らしい眺めだった (クリック 拡大)
画像


 下山は、山頂直下の分岐を北コースへ道幅の広い登山道をつづらに下る。北コースの登山口へ下りても、そこから南コースの駐車場まで10分もかからない。下山後、播但道の市川SAに立ち寄ってコーヒーを飲みながら鶴居城山を眺めてひと時を過ごす。

                          市川SAからの風景 (クリック 拡大)
画像


                      この日の我が家のシバザクラ

画像

画像

画像

画像


        「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック