石鎚山系東部の寒風山へ

 7月30日 6時30分に「山荘しらさ」を出発して瓶ヶ森林道を旧寒風山トンネル南口の登山口へ向かう。良く晴れていてUFOラインと称されるにふさわしい素晴らしい風景と展望が開けていたが時間のこともありそのまま車を進める。秋の紅葉シーズンに是非もう一度訪れてみたいと思う。約1時間で登山口の駐車場に到着。ここは高知県側になり駐車場・休憩舎・トイレと寒風茶屋という茶屋まで営業している。

                         石鎚山系東部にある寒風山
画像

                           登山口にある寒風茶屋
画像


 ここは寒風山から笹ヶ峰方面への縦走と反対方向の伊予富士方面への登山・縦走の登山口にもなっている。朝の7時半ということもあって車はまだ5~6台しか駐車していない。寒風茶屋の横にある登山口から石鎚山系縦走路の分岐点になっている桑瀬峠を目指す。桑瀬峠まで50分ほどを要するが登山口から20分ほどはいきなりの岩稜と木の根の急登が待ち構えている。急登を登り切れば朝日を浴びて輝き生命力あふれる緑の自然林の中へと誘われる。自然林を抜け、あたりが笹原となって展望が開けてくると桑瀬峠がすぐそこだ。

                           茶屋の横にある登山口
画像

                           緑が眩しい自然林の中を
画像

                      自然林を抜けて展望も開け (クリック 拡大)
画像

                            約50分で桑瀬峠に到着
画像


 桑瀬峠を右へ行けば寒風山・笹ヶ峰へ、左に行けば伊予富士・東黒森へと石鎚山系縦走路の要衝となっている。また桑瀬峠は、一面をササ原で被われている。その広大な笹原が演出する牧歌的な光景とその背後に聳え立つ伊予富士方面の峻険な山容とのミスマッチが素晴らしい景色となっている。休憩場所としては最適で、ゆっくり休憩した後、笹原の間の登山道を寒風山・笹ヶ峰方向へ進む。

                      笹原と伊予富士方面の景色が素晴らしい
画像

画像

画像

                           笹原の間を寒風山へ向かう
画像


 桑瀬峠から眺める寒風山は岩峰鋭い断崖の山といった感じだが、一般のの登山道はそんなことはない。梯子やロープ場が何か所かあるがたいしたことはない。むしろブナなどの灌木のなかを進む登山道では情緒的な気分に浸らせてくれる。また、そこを抜けた笹原の斜面では登山口と瓶ヶ森林道が真下に見えるような角度で望むことができ開放的な気分にさせてくれる。桑瀬峠から寒風山へは1時間ちょつとで到着する。

                          登山道から見る岩峰鋭い寒風山
画像
 
画像

                       ハシゴやロープ場もあるが大したことはない
画像

画像

                        灌木のなかを情緒的な気分に浸って
画像

画像

画像

                      登山道は笹原の斜面をトラバースして進む
画像

画像
 
                           心は開放的な気分に・・・
画像

                      パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像

                         標高1763mの寒風山の山頂に到着
画像


 寒風山の山頂からの展望は晴れていれば申し分なく良い。特に笹ヶ峰から父山そしてきれいな三角錐の形をした冠山にかけての山並みに見とれてしまう。ただ笹ヶ峰の愛媛側の北斜面からガスが立ち上がり山頂を超えて流れてきているのが残念だった。晴れていれば笹ヶ峰と父山の笹原に被われた緑の雄大で美しいな山容を眺めることができたのだが・・・   

                        見晴らしの良い寒風山頂上からの笹ヶ峰
画像

                          パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像

                               秀麗な形の冠山
画像

                          パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像


 本当は笹ヶ峰まで往復をしたいのだがガスが立ち込めてきているのと下山後、遠方まで車を運転して帰らなければならなく、体力温存ということで来た道を下山することにする。笹ヶ峰・父山も素晴らしいところらしいので、次は丸山荘に一泊してゆっくりと石鎚山系を堪能したい。「四国の山は天気が難しい」とよく耳にするし。海に近く山が急峻なため麓で晴天であっても山の上では雨模様といったことが多いなかで、今回の山行はまだ恵まれていたことに感謝しつつ下山・帰途に着く。石鎚山系の山々、紅葉の秋と冬の霧氷がもっと素晴らしいのではないかと確信もした今回の山旅だった。

                           山頂から下山方向を眺める
画像

                           笹ヶ峰に未練を残して・・・
画像

                    次は伊予富士方面も良いかもと思ったりしながら
画像

                        桑瀬峠で休憩して登山口へ下山する
画像


        「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html

                         

               

                            

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック