天下台山からの夕日

 8月20日 兵庫県相生市の天下台山へ夕日を見に行く。平成24年の元旦に、この山の山頂から素晴らしい初日の出を拝んだ。山頂から瀬戸内海に沈んでいく夕日もさぞかし素晴らしいだろうと・・・・・

                           天下台山からの夕日
画像

                           パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像


 午後5時前に岩屋谷公園駐車場に到着、しばらく休憩後してから登り始める。当初、何度か歩いたことのある家族向きの岩屋谷コースを登る予定だったが、歩きはじめてから北尾根コースに変更する。どのコースでも1時間で山頂に到達するだろうと安易に考えたしまったのが間違いだった。後でわかったことだが北尾根コースは経験者向きで時間も1時間30分は要するようで、結局は山頂を断念して中腹からの夕日となってしまった。

 北尾根コースの登山口は、岩屋谷公園駐車場から岩屋谷コースとは反対側に小路を50mほど進んだ那波野墓地のなかにある。墓を抜けるとすぐに登山道らしい登山道となり、20分ほど登ると麓の那波野を中心とした相生市街とその向こうに的場山をはじめとしたたつの市の山々が見渡せるようになってくる。

                         那波野墓地の間に登山口がある
画像

                             墓を抜けると登山道に
画像

                             相生市街の展望が開ける
画像

                           パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像


 最初のピークの鉄塔を過ぎ次のピークのとんび岩に到着。とんび岩からは岩屋谷とその向こうの尾根の全景を眺めることができる。それにしても「とんび岩」とはうまく名付けたものだと感心する。とんびがくるりと輪を描いて休憩するに絶好の空間と岩だ。

                            とんび岩とは良い名前だ
画像

                            下から眺めたとんび岩
画像

                      とんび岩から東尾根を望む (クリック 拡大)
画像

                     とんび岩から次のピークを望む (クリック 拡大)
画像


 このコースについて何の下調べもしてなくて岩屋谷コースと同じように考えていたため、とんび岩から見える次のピークの先に天下台山の山頂があるものと大きな勘違いをしたままとんび岩から大きく下り、そして急坂を登り返す。しかし、そこは「えぼし岩」があるピークで天下台山はまだその先の先だった。疲れがドットでてきた。時間もまだ1時間近くはかかるだろう。夜の山道を下山することを考えると無理は禁物。山頂からの夕日をあきらめて下山途中で夕日を待つことにする。

                              えぼし岩への登山道
画像

                          天下台山の山頂はまだ先であった
画像

                      えぼし岩のピークからとんび岩のピークを眺望
画像


 えぼし岩、とんび岩でカメラを構えてみたがしっくりこない。結局、最初のピークの鉄塔までもどり夕日を待つことにした。西の空が朱色に染まるのとは逆に相生の街並みは暗く陰って行く。遠く正面に真っ赤な夕日を眺め、眼下の街並みに夜の帳が下りていく様を眺める。朝日は街並みに躍動感を与える。夕日は街並みを静寂の世界へ誘っていくようだ。

                             天下台山からの夕日ショー
画像

                      最後の力を振り絞って赤々と燃焼しているようだ
画像

画像

                             相生市街に帳が下りていく
画像

画像

画像


                          パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像

画像

画像

画像

画像

画像


        「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック