金勝山(こんぜやま)アルプス

 6月11日 滋賀県の金勝アルプスを歩く。この日、大学時代の同窓会が夕方からあり、それまでの時間、久しぶりの(約1か月半)のやま歩きを楽しむことにした。早朝6時に自宅を出発、名神の道路工事による規制も早朝には解除となっていて8時前には登山口の上桐生のバス停付近の駐車場に到着した。登山者だけでなく川遊び・バーベキューを楽しもうとする家族連れやグループも多く見かけた。駐車料金が500円要るがトイレも完備されている。

                         金勝山の中心的ピークの天狗岩
画像

                            天狗岩が象徴的です
画像


 駐車場でもらったカラーパンフにはいろんなハイキングコースがある。迷うところだが、下調べしてきたとおり落ヶ滝~天狗岩~耳岩~白石峰を目指して出発。落ヶ滝まで20分ほどの緩やかな散策路だが新緑の木々やシダの葉に被われた登山道など足慣らしにちょうど良かった。落ヶ滝は、水こそチョロチョロの滝だかスマートで品のある感じの滝だった。

                            登山口の有料駐車場
画像

                             落ヶ滝への登山道
画像

                             落ヶ滝は品格があった
画像

                            チョロチョロの水は残念だった
画像


 落ヶ滝から少し戻って落ヶ滝線を上り北峰縦走線へ向かう。北峰縦走線にでると風化が進んだ脆い花崗岩の岩と滑りやすい砂礫の道になる。それとともに進行方向には天狗岩をはじめとする金勝アルプスの岩峰が、後方には琵琶湖と比叡・比良の山並みを望むことができるようになる。北縦走線へ出てから天狗岩までかなりの時間を要したようにも思う。同じような道と風景が続くから同じところをぐるぐる廻っているような錯覚に陥ったりする。

                           落ヶ滝線を北峰縦走線へ向かう
画像

                           花崗岩と滑りやすい砂礫の道
画像

                       だんだんと眺望が開けてくる (クリック 拡大)
画像

画像

                            琵琶湖と比良山系を楽しむ
画像

                             天狗岩を望んで進む
画像


 金勝アルプスに金勝山という名の山はない。この山並みを総称して金勝アルプスと呼ばれている。総称としての金勝アルプスの中心・山頂的存在が天狗岩だと思われる。花崗岩の奇岩があちこちに点在し見ようによってはいろんなものにも見える。ミニアルプスというよりは燕岳の山頂付近に似ていて”ミニつばくろ”だと思った。天狗岩の頂上部への上り下りには少しスリルもあって面白い。滑り台のような傾斜の岩の斜面の上り下りは楽しかった。(ただし雨降りなどのときはくれぐれも要注意)

                          天狗岩に燕岳を見たように思った
画像

                          パノラマ画像で (クリック 拡大)
画像

                              花崗岩の奇岩の中を
画像


 天狗岩のテッペンからの眺望は抜群。眼下に大津の街並み、琵琶湖の湖面、その向こうに比良山系を望むキャンバスの真ん中を新名神の白い線が真っ直ぐに伸びていく。絶景なのだが同じような風景をここへ辿り着くまでに何度も目にしているので新たな感動や新鮮味がないのが残念だった。

                              天狗岩へ登ります
画像

                            天狗岩の上り下りは慎重に
画像

                              滑り台を登る感じです
画像

                         これを登り切れば天狗岩のてっぺん
画像

                     天狗岩からのパノラマ画像 (クリック 拡大)
画像

画像

画像

                         立命館のBKCキャンパスも見えた
画像


 天狗岩をあとにして耳岩へ向かいます。耳岩まで15分程度。ここも眺望が良いらしいがパスしてそのまま白石峰へ向かった。白石峰は木々に遮られて見晴らしはないがベンチが置いてあるので休憩ポイントとして他のグループも休んでいる。当初は、ここから狛坂線を経由して南谷林道を駐車場へ戻る予定だったが、疲れもたまり夜の同窓会もあるので耳岩に戻り最短の天狗岩線を下って駐車場へ戻ることにした。最短距離だが砂礫の滑りやすい急坂の連続で気の抜けない下山となった。ただこの道もいろんな形の花崗岩の奇岩があったりして面白いことは面白かった。

                          天狗岩から耳岩へと向かう
画像

画像

                             眺望の良い耳岩に到着
画像

                            白石峰で折り返し下山する
画像


         「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html

                            我が家の稲作だより

                 田植えから2週間が経過、苗もしっかりと活着してきました
画像

                今年は雨が多く水入れが楽です(日照不足が心配だが・・・)
画像

                     夏野菜の定番 トマトも順調に育っています
画像

"金勝山(こんぜやま)アルプス" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント