神話のやま「比婆連山」へ

 10月24日 吾妻山ロッジに宿泊し吾妻山~比婆山を歩いてきた。吾妻山は、広島県庄原市に位置する。庄原市と一口に言ってもその市域の広いことに驚かされた。前日に道後山に登り、庄原市の観光マップを見て「比婆いざなみ街道」を吾妻山へ向かったが途中狭小の山道が連続し対向車との交差に気を遣うことに・・・。 
 24日は前日の天候とは打って変わって素晴らしい好天に恵まれ、日本の古代神話の残る山域を楽しんできた。吾妻山の標高が1239mで吾妻山ロッジの標高が1000mだから高低差は少なく気楽なトレッキングコースだった。

                     休暇村から吾妻山を望む (クリック 拡大)
画像

                    比婆連山のウォーキングマップ (クリック 拡大)
画像


 吾妻山ロッジの横を裏側へ廻ると、そこは広大な園地になっていてピクニックにうってつけの場所。そこからは池の原越しになだらかな吾妻山の山容を眺めることができる。宿の人に聞いたところによると、「ここからの夕日がきれいですよ」ということだった。(日の出は比婆連山の向こうからでるのでご来光という日の出は見れないということだった)
 休暇村から吾妻山の山頂まで40分くらいのもので、休暇村への観光客も陽気につられて散策の延長で登っていかれるようだ。

                   直接、吾妻山へ向かっても小坊主を経由しても同じです
画像

                           園地を抜けて登山道へ入ります
画像

                 晴れていれば吾妻山を正面に見て登ります (クリック 拡大)
画像

                       休暇村{吾妻ロッジ」が小さくなっていきます
画像

                    休暇村から40分程で標高1239mの吾妻山に到着
画像


 山頂からは、中国山地の四方の山々を遮るものなく見渡すことができる。これから向かう烏帽子山~比婆山~立烏帽子山がパノラマで望むことができる。

                    山頂からは中国山地の山々を見渡すことができる
画像

                  左から烏帽子山~比婆山~立烏帽子山 (クリック 拡大)
画像

画像

画像

画像


 吾妻山から大膳原を経由して烏帽子山へ向かいます。大膳原(1036m)へ200m下り、烏帽子山(1225m)へ同じだけ登り返すことになります。大膳原は、思っていた以上に広い平原で吾妻山と烏帽子・比婆山の両方の美しい山並みを見ることができる心癒される空間域になっている。

                           大膳原へは分岐を左へ下る
画像

                   山肌の紅葉も色づいてきています (クリック 拡大)
画像

                     黄葉した美しい森の中を大膳原へくだります
画像

画像

                     大膳原からの烏帽子山・比婆山 (クリック 拡大)
画像

画像

                            大膳原からの吾妻山
画像


 比婆山へ登るのは2回目で、前回は県民の森から出雲峠を経由して烏帽子山・比婆山へと歩いた。大膳原からの眺めとは裏腹に烏帽子山からは木立に遮られて眺望は皆無だ。しかし、大膳原から烏帽子山そして比婆山へ至る登山道は、黄葉の木立のなかを木漏れ日を浴びながら楽しく歩くことができる。

                              烏帽子山への道 
画像
                      
画像

                              眺望のない烏帽子山
画像


 烏帽子山から比婆山御陵の方向へ少し下って行くと平坦なコルに至る。ここらあたりからブナ林に囲まれた美しい登山道となる今回の山歩きのクライマックスを迎える。木々の美しさに苔むした大岩が点在して神秘的な美しさが加わる。(前回来たときは、霧が立ち込めていてものすごく神秘的なものを感じたことを思い出す)

                           コルから比婆御陵にかけての森
画像

                        苔むした大岩も点在して神秘的でもある
画像

                           黄葉のブナ林が彩を添える
画像

画像


 比婆山の山上は広大な平坦地になっていて、古事記にいうイザナミノミコトを葬ったところから別名「美古登山」とも言われている。イザナミノミコトの墓所と言われる場所には、烏帽子岩という巨石とそれを取り囲むイチイの巨木があり、古来神域として崇められてきた。

                           比婆御陵の巨石とイチイの木
画像

画像

画像

                               比婆御陵の木々
画像

画像


 休暇村から比婆山までの所要時間
休暇村 → 吾妻山 (50分) 吾妻山 → 烏帽子山(1時間15分) 烏帽子山 → 比婆山(35分)

 休暇村へは来た道をのんびりと戻る。平日の月曜日だが多くのハイカーとすれ違う。上るときに素通りした吾妻山ロッジ裏手の池の原を散策し今日の登山の余韻を楽しむ。

                           池の原のススキの秋風景
画像

画像

                          池の原のもうひとつの色模様
画像

画像

                 最後にもう一度池越しの吾妻山に見とれる (クリック 拡大)
画像


         「やまの足跡」ホームページ   http://www7b.biglobe.ne.jp/~yamanoasiato/index.html

"神話のやま「比婆連山」へ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント